その他業績


著書・分担執筆 (Book)

  1. 「第4章 生体の電気的計測(4.1-4.4)pp.47-50」,土肥健純 監修,医用工学の基礎,東京電機大学出版局,Mar. 2019.
  2. 「シート型布電極による呼吸2種類および心電2種類の非接触同時計測技術の開発」,植野 彰規,パーソナル・ヘルスケア-ユビキタス・ウェアラブル医療実現に向けたエレクトロニクス研究最前線-,第2編 第1章 第1節,pp.49-56, エヌ・ティー・エス,Oct. 23, 2013.
  3. "Capacitive sensing of narrow-band ECG and breathing activity of infants through sleepwear," A. Ueno, T. Imai, D. Kowada and Y. Yama, Biomedical Engineering (Ed. Carlos Alexandre Barros de Mello), Chapter 21, pp.399-414, INTECH (Vukovar, Croatia), 2009-10. (DOI: 10.5772/7857)
  4. 「4.1.1 生体信号計測 pp.64-65,4.1.3 脳の構造と機能の計測 pp.69-72,5.3.4-(2)-c 小型無線能動電極による無拘束生体信号利用インタフェース pp.159-161」,情報福祉の基礎研究会 編著(分担執筆),情報福祉の基礎知識-障害者・高齢者が使いやすいインタフェース-,ジアース教育新社,April 2008.

講演・招待講演 (Invited Lecture)

  1. 「在宅や院外利用を想定したバイタル信号と臥位・離着床行動の非接触・無拘束センシング」,植野彰規,東京電機大学公開講座 ME講座(第43回),(東京),2019-9-24.
  2. 「安全・安心性能と運用容易性を兼ね備えた敷布型マルチバイタルIoTモニタの研究」,植野彰規,LIFE2019 日本生活支援工学会企画 文部科学省私立大学研究ブランディング事業 早稲田大学・立命館大学・東京電機大学合同シンポジウム,(神奈川),2019-9-14.
  3. "Recent advances in capacitive non-contact measurements of physiological and behavioral signals," A. Ueno, The 3rd International Test Conference in ASIA, Embeded Tutoriral, (Tokyo, Japan), 2019-9-4.
  4. 「生体計測装置の基礎知識とテクニカルターム」,植野彰規,東京電機大学医療機器国際展開技術者育成講座(第3回),(東京),2019-5-28.
  5. 「各種生体信号の非侵襲・非接触計測のための高感度装置の開発」,植野彰規,東京理科大学 総合研究院 インテリジェントシステム研究部門 成果報告会 特別講演,(東京),2019-3-1.
  6. "Electrode fabrication by transferring large-area graphene film and its evaluation based on electromyogram measurement," A. Ueno, Ubiquitous Healthcare 2018, (Kyoto, Japan), 2018-12-13.
  7. "Non-contact unobtrusive in-bed measurements of vitals and behavioral signals using capacitively coupled textile electrode," A. Ueno, 3rd Global Conference on Biomedical Engineering, (Taoyuan, Taiwan), 2018-12-1.
  8. 「在宅や院外利用を想定したバイタル信号と臥位・離着床行動の非接触・無拘束センシング」,植野彰規,東京電機大学公開講座 ME講座(第42回),(東京),2018-10-16.
  9. 「安全・安心の維持や管理のしやすさ(MSS)を考慮した医療機器の研究」,植野彰規,LIFE2018特別企画 文部科学省私立大学研究ブランディング事業 早稲田大学・東京電機大学合同シンポジウム,(東京),2018-9-7.
  10. 「容量結合方式による非接触・無拘束マルチバイタルセンシング-先端研究事例の紹介-」,植野彰規,電子情報通信学会集積回路研究会,信学技報, vol. 118, no. 173, ICD2018-32, pp. 103-106, (札幌),2018-8-9.
  11. 「生体計測装置の基礎知識とテクニカルターム」,植野彰規,東京電機大学医療機器国際展開技術者育成講座(第2回),(東京),2018-5-22.
  12. 「研究ブランディング事業におけるIoTを含む医療機器システムに関する研究計画とセキュリティグループへの期待」,植野彰規,サイバーセキュリティシンポジウム in TDU 2018,(東京),2018-3-12.
  13. 「温故知新なセンサ回路開発と生体計測レノベーション」,植野彰規,東京電機大学公開講座 ME講座(第41回),(東京),2017-11-07.
  14. 「生体計測装置の基礎知識とテクニカルターム」,植野彰規,東京電機大学医療機器国際展開技術者育成講座(第1回),(東京),2017-5-23.
  15. 「生体電気計測への適用」,植野彰規,足立区 産学公連携促進事業 技術勉強会 第3回,(東京),2016-12-7.
  16. 「演算増幅器を用いた各種フィルタ回路の設計」,植野彰規,足立区 産学公連携促進事業 技術勉強会 第2回,(東京),2016-11-30.
  17. 「電子回路の基礎、演算増幅器(オペアンプ)とその設計」,植野彰規,足立区 産学公連携促進事業 技術勉強会 第1回,(東京),2016-11-16.
  18. 「心電図、呼吸運動、体位の変化、脈動を非装着型の電極により同時に計測できる生体情報測定シート・装置」,植野彰規,東京電機大学 新技術説明会,(東京),2016-10-20.
  19. 「温故知新なセンサ回路開発と生体計測レノベーション」,植野彰規,東京電機大学公開講座 ME講座(第40回),(東京),2016-9-27.
  20. 「布シート電極による心電・呼吸の無拘束In-Bedモニタリング」,植野彰規,BioTechアカデミックフォーラム,(東京),2016-5-12.
  21. 「電極を貼らない心電図モニタリングの新提案~静電式センシングの原理と応用のかたち~」,植野彰規,第27回日本臨床モニター学会総会,(沖縄),2016-4-29.
  22. 「温故知新なセンサ回路開発と生体計測レノベーション」,植野彰規,東京電機大学公開講座 ME講座(第39回),(東京),2015-12-15.
  23. 「着衣を介したマルチバイタルセンシングの最前線」,植野彰規,「浅テク・ハイテクセミナー」シリーズ,(上田、信州大学繊維学部内 上田市産学官連携支援施設),2015-7-8.
  24. 「マルチバイタルセンシングの最前線」,植野彰規,日本化学繊維協会技術部会,(東京、キャンパスイノベーションセンター),2015-1-30.
  25. 「着衣を介したマルチバイタルセンシングの最前線」,植野彰規,繊維の応用講座,(東京、キャンパスイノベーションセンター),2014-11-27.
  26. "Unobtrusive monitoring of vital signs using capacitively coupled electrodes," A. Ueno, 11th International Conference on Ubiquitous Healthcare, (Gwangju, Korea), 2014-11-20.
  27. 「生体電気計測の未来を変える容量結合型電極のいま」,植野彰規,第34回 日本生体医工学会 甲信越支部大会,(山梨大学),2014-10-18.
  28. 「布製電極シートを用いた心電2種類と呼吸2種類の非接触・無拘束・同時計測技術」,植野彰規,JST推薦シーズ 新技術説明会,(東京),2013-2-25.
  29. 「心電の非接触センシング技術と健康アシスト・インタフェースへの応用」,植野彰規,第73回ロボット工学セミナー,(東京大学),2012-10-9.
  30. 「生体電気信号の非接触センシングと医療・福祉応用」,植野彰規,埼玉県 次世代産業カレッジ,(東京),2012-9-4.
  31. "Recent advances in capacitive sensing of bioelectrical signals," A. Ueno, BMEiCON-2011, (Chiangmai, Thailand), 2012-1-30.
  32. 「シート型布電極による呼吸2種類と心電2種類の非接触同時計測」,植野彰規,平成23年度知財群活用事業 新技術説明会,(東京),2012-1-24.
  33. 「生体微弱信号の非接触スマートセンシング」,植野彰規,電子情報通信学会九州支部 専門講習会,(鹿児島大学),2011-11-18.
  34. 「生体微弱信号のスマートセンシング技術と健康支援」,植野彰規,東京電機大学公開講座 ME講座(第35回),(東京),2011-11-15.
  35. "Smart capacitive sensing of vital signals for ubiquitous healthcare applications," A. Ueno, SICE 50th Anniversary Event (Memorial Session for Foundation of Technical Division for Life Engineering), 2011-9-14.
  36. 「健康モニタや見守りのためのスマートセンシング技術-容量結合型非接触生体センサを中心に-」,植野彰規,埼玉県 工業イノベーションスクール,(東京),2011-9-8.
  37. 「体の微弱電位変化を服の上から捉える次世代センシング技術」,植野彰規,慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学特別講義,(横浜),2011-6-8.
  38. "Capacitive sensing of bioelectric signals and their applications," A. Ueno, 7th International Conference on Ubiquitous Healthcare, (Jeju, Korea), 2010-10-30.
  39. 「最近の生体電気計測システムによる健康モニタリング」,植野彰規,東京電機大学 短期大学卒業生の会 講演会,(東京),2010-6-12.
  40. 「衣類を介して生体電気信号を測る要素技術とその応用」,植野彰規,東京電機大学 産学連携交流会,(東京),2010-1-22.
  41. 「生体信号の容量性計測とウェアラブル・調度センサへの展開」,植野彰規,東京電機大学公開講座 ME講座(第33回),(東京),2009-11-12.
  42. 「サッカードの解析と覚醒度推定への応用可能性の検討」,植野彰規,生体信号解釈とドライバ安全実現研究会,(名古屋),2009-10-29.
  43. 「古くて新しい生体電気の計測-AEDや近未来の健康支援について-」,植野彰規,東京電機大学校友会 神奈川県支部 公開講演会,(横浜),2009-7-11.
  44. 「生体計測-電気信号の計測を中心に-」,植野彰規,第5回大田区産学連携道場【医工技術・第2弾】,(東京),2009-2-24.
  45. 「衣類の上から心電図を測る要素技術の開発」,植野彰規,Innovation JAPAN 2008 新技術説明会,(東京),2008-9-17.
  46. 「古くて新しい生体計測技術の開発と健康支援」,植野彰規,東京電機大学公開講座 ME講座(第31回),(東京),2007-12-5.
  47. 「健康・福祉のための生体電気計測」,植野彰規,東京電機大学 産官学交流会例会,(埼玉),2007-2-16.
  48. 「心電図・心拍の無意識計測」,植野彰規,東京電機大学公開講座 ME講座(第30回),(東京),2006-11-8.
  49. 「幅広く応用可能な古く新しい生体電気計測技術とME」,植野彰規,東京電機大学公開講座 ME講座(第29回),(東京),2005-12-2.
  50. 「センサーで眠気を測る」,植野彰規,東京電機大学 大学院公開講座 -視る,測る,送る,創るを支える電子情報工学-,(埼玉),2005-10-22.
  51. 「ねむけは測れるか?」,植野彰規,東京電機大学校友会 埼玉支部講演会,(埼玉),2004-5-29.

解説・報告

  1. 植野 彰規,金 敬昊: 「日本におけるホームヘルスケアに関する研究・開発の動向」,ICASE Magazine, Vol.9, No.5, pp.17-20, 2003-9.

国内学会発表 (Japanese Domestic Conference)

  1. 「呼吸訓練のための横隔膜筋活動のウェアラブル計測と視覚フィードバック -基本システムの構築と実効性の評価」,武原 知也, 佐々 駿斗, 植野 彰規, 生体医工学シンポジウム2019予稿集,(徳島),#2A-13, 2019-9-7.
  2. 「在宅モニタリングを目的としたウェアラブル容量結合型心電図計測の基礎検討」,高野 万由子,植野 彰規,亀山 研一,生体医工学シンポジウム2019予稿集,(徳島),#2A-5, 2019-9-7.
  3. 「自律神経電気活動の非侵襲計測におけるラプラシアン電極の間隔が及ぼす影響の検討」,佐々木 拓真,井上 翔太,岩瀬 敏,植野 彰規,第58回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集,(沖縄),#PO-M-049, 2019-6-7.
  4. 「ステアリングとシートに電極を配置した容量結合型心電センサの静電気ノイズ対策システムの提案」,原田 敦, 欅田 正樹, 古池 竜也, 山中 雄介, 勝山 七生, 越智 幸治, 植野 彰規, 長谷川 博康,第58回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集,(沖縄),#PO-M-048, 2019-6-7.
  5. 「非接触で計測された心電図と離着床データを用いた睡眠時無呼吸スクリーニングの検討」,内田 辰哉,植野 彰規,第28回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#G18-2 (p.159),2019-3-16.
  6. 「シート電極センサを用いた体動・起き上がりの検出」,原子 拓己,,植野 彰規,第28回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#G12-5 (p.133),2019-3-16.
  7. 「積層構造ラプシアン電極による衣類を介した局所筋電図の計測」,荒巻 健人,植野 彰規,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2018,(東京),#C-1-05, 2018-12-1.
  8. 「シート・ステアリング電極を用いた非接触心電図計測システムの基礎検討」,勝山 七生, 越智 幸治, 古池 竜也, 原田 敦, 山中 雄介, 欅田 正樹, 植野 彰規, 生体医工学シンポジウム2018予稿集,(名古屋),#1A-41, 2018-9-14.
  9. 「敷布型マルチバイタル非接触モニタの現状と課題」,植野 彰規,計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム2018,(会津), 2018-9-11.
  10. 「枕組込み布電極を用いた眼電図の非接触計測の基礎的検討」,田中 尚吾,杉浦 拓実,石上 紘士,植野 彰規,Proceedings of Life Engineering Symposium 2018 (LE 2018),(会津),pp.145-147, 2018-9-11.
  11. 「車載用容量型心電計の高速道路上での評価」,野崎 翔平,植野 彰規,第27回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#G2-2,2018-3-9.
  12. 「一体型布シート電極センサを用いた上背部・腰部における脈動同時検出の基礎検討」,坂尻 雄一朗,植野 彰規,第27回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#G7-5,2018-3-9.
  13. 「乳児における排尿検出の可能性」,増尾 慎一郎,植野 彰規,第27回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#G10-3,2018-3-9.
  14. 「枕型電極を用いた臥位時眼電図の準接触計測」,杉浦 拓実 ,植野 彰規,第27回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#G17-4,2018-3-10.
  15. 「撥水シーツを介した非接触計測心電図における呼吸性成分の低減」,秋本 航 ,植野 彰規,第27回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#G17-5,2018-3-10.
  16. 「乾式筋電計を用いた呼吸訓練のための横隔膜活動量表示システムの開発」,武原 知也,植野 彰規,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2017,(千葉),#B-3-01, 2017-11-18.
  17. 「容量結合式防水心電計における初段回路の基礎検討と評価」,加藤 祐希,植野 彰規,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2017,(千葉),#B-2-02, 2017-11-18.
  18. 「グラフェン転写ラプラシアン型金電極の製作と信号雑音比の検討」,梅田 麻鳥,櫻井 賢吾,上遠野 惇市,平栗 健二,原 和裕,植野 彰規,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2017,(千葉),#B-1-03, 2017-11-18.
  19. 「離着床/臥位の非接触In-bedセンシングとクラスタリング」,高野 万由子,植野 彰規,計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム2017,(岐阜), 2017-9-5.
  20. 「寝具組込型容量結合心電計を用いた異常心拍検出手法の検討」,城戸 孝士郎,黄 銘,田村 俊世 ,吉村 拓巳,金谷 重彦,植野 彰規,第56回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集,(仙台),#Fr.GS-5.4-2, p.495, 2017-5-4.
  21. 「集約型In-Bedシート電極センサを用いた非接触無拘束マルチバイタルセンシングにおける脈動検出精度の向上」,高野 万由子,山口 雅史,植野 彰規,第56回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集,(仙台),#Fr.GS-5.4-3, p.496, 2017-5-4.
  22. 「容量型In-Bed電極センサを用いた心電図と脈動の非接触同時計測に関する基礎的検討」,竹内 智一,田中 裕幸,藤岡 英二,植野 彰規,第56回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集,(仙台),#Fr.GS-5.4-3, p.496, 2017-5-4.
  23. 「シート型布電極を用いた新生児心電図の静電式無拘束計測」,上澤 駿,植野 彰規,第56回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集,(仙台),#Fr.GS-5.4-7, p.500, 2017-5-4.
  24. 「自律神経電気活動の非侵襲計測におけるSN比の改善」,井上 翔太,植野 彰規,第26回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#2C3-5(p.165),2017-3-11.
  25. 「非接触In-Bed心電図計測における同相雑音の能動的抑制」,小宮 広夢,植野 彰規,第26回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#2C1-4(p.154),2017-3-11.
  26. 「容量型筋電計における衣類を介した計測の安定化」,荒巻 健人,植野 彰規,第26回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#2C1-3(p.153),2017-3-11.
  27. 「高周波脳波計のアナログ回路部の製作と評価」,田中 尚吾,植野 彰規,第26回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#1C1-1(p.79),2017-3-10.
  28. 「Unobtrusive overnight measurement of electrocardiogram and breathing effort in adults during sleep using capacitively-coupled sheeted electrodes」,M. Takano, S. Yamagishi, T. Ohmuta, Y. Fukuoka, A. Ueno, 生体医工学シンポジウム2016予稿集,(旭川), p.142,#P2-1-1, 2016-9-18.
  29. 「Wavelet de-noising technique for detecting burst spikes in microneurographic recording」,Y. Imagawa, N. Nishimura, S. Iwase, A. Ueno, 生体医工学シンポジウム2016予稿集,(旭川), p.70,#1P-1-12, 2016-9-17.
  30. 「外傷治療における耳介迷走神経電気的刺激の可能性」,八木 雅幸,森下 幸治,伊藤 裕一,植野 彰規,相星 淳一,大友 康裕,第30回日本外傷学会総会・学術集会抄録,(東京),p.251 (O25-6),2016-5-31.
  31. 「非接触ベッドシート型心電・呼吸モニタにおける呼吸検出アルゴリズムの検討」,山岸 信介,高野 万由子,植野 彰規,福岡 豊,電子情報通信学会技術研究報告,(東京),Vol.115,No.513 (MBE2015 102-131),pp.5-8,2016-3-22.
  32. 「Bluetoothモジュールを用いた心電図を無線伝送・表示するシステムの構築」,波田地 直人,植野 彰規,第25回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#1C3-6(p.112),2016-3-8.
  33. 「新生児へ適用可能な無拘束ベッドシート型心電図モニタの研究」,上澤 駿,植野 彰規,第25回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#1C2-4(p.106),2016-3-8.
  34. 「ベッドシート型無拘束心電・呼吸計と電気毛布の併用可能性の検討」,田村 涼,植野 彰規,第25回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#1C2-3(p.105),2016-3-8.
  35. 「健康アシスト自転車用の心拍入力インタフェースの研究」,加藤 祐希,植野 彰規,第25回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#1B6-4(p96),2016-3-8.
  36. 「In-bed型心電呼吸計を用いた就寝時計測における呼吸検出率の向上」,高野 万由子,植野 彰規,第25回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#1A4-2(p.55),2016-3-8.
  37. 「外傷治療における耳介迷走神経電気的刺激の可能性」,森下 幸治,八木 雅幸,伊藤 裕一,植野 彰規,大友 康裕,第43回日本集中治療医学会学術集会プログラム集,(神戸),(O18-6),2016-2-12.
  38. 「全波整流積分を組み合わせたWavelet 雑音低減法の有効性の検討」,今川 雄暉,清水 祐樹,西村 直記,岩瀬 敏,植野 彰規,第43回自律神経生理研究会,(東京),#6, 2015-12-5.
  39. 「筋交感神経活動に対するウェーブレットノイズ除去における指数関数窓の有効性の検討」,今川 雄暉,清水 祐樹,西村 直記,岩瀬 敏,植野 彰規,第28回日本マイクロニューログラフィー学会プログラム・抄録集,(山形),p.1, #1, 2015-6-20.
  40. 「非侵襲計測した自律神経系活動電位の解析方法の検討」,今川 雄暉,岩瀬 敏,西村 直記,清水 祐樹,植野 彰規,生体医工学(第54回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集),(名古屋),Vol.53 , Supple.1, p.169, #P1-2-28-B, 2015-5-7.
  41. 「外傷出血性ショックによる腸管虚血再灌流障害における迷走神経刺激による治療法の可能性」,森下 幸治,大友 康裕,植野 彰規,Todd Costantini,Coimbra Raul,第115回日本外科学会定期学術集会・抄録,(名古屋),#PLS-5-2, 2015-4-16.
  42. 「ベッドシート型無拘束心電・呼吸モニタにおける呼吸信号の安定化」,山口 雅史,植野 彰規,第24回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#2A4-3(p115),2015-3-6.
  43. 「回生モードを導入した健康アシスト自転車によるユーザーの運動強度制御」,藤原 恭裕,芝原 大智,植野 彰規,第24回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),#1C4-2(p96),2015-3-5.
  44. 「迷走神経刺激と抗炎症作用」,森下 幸治,植野 彰規,大友 康裕,Coimbra Raul,第27回日本外科感染症学会総会プログラム・抄録,(東京),#S2-1(p.452), 2014-12-4.
  45. 「非接触型イベント心電図レコーダの開発と評価」,山南 昌平,植野 彰規,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2014,(東京),#C-3-1(p.32), 2014-11-22.
  46. 「高入力インピーダンス型多チャンネル脳波計によるHigh-Gamma活動の非侵襲計測」,古川 正佳,石田 裕樹,植野 彰規,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2014,(東京),#B-4-1(p.24), 2014-11-22.
  47. 「電動アシスト自転車による運動強度の制御」,芝原 大智,藤原 恭裕,植野 彰規,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2014,(東京),#B-3-1(p.22), 2014-11-22.
  48. 「In-bed布電極アレイを用いた離着床情報と心電・脈波の非接触・無拘束同時計測」,伊藤 慧,植野 彰規,佐藤 光紗,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2014,(東京),#A-4-3(p.15), 2014-11-22.
  49. 「外傷出血性ショックに続発する多臓器障害に対する迷走神経刺激による治療の可能性」,森下 幸治,植野 彰規,相星 淳一,大友 康袷,コインブラ ラウル,第42回日本救急医学会総会・学術集会 プログラム・抄録集,(福岡),#SY03-1-03(p.362), 2014-10-29.
  50. 「末梢神経系を対象とした非侵襲的神経電図法への挑戦」,長谷川 翔悟,今川 雄暉,清水 祐樹,西村 直記,岩瀬 敏,植野 彰規,第27回日本マイクロニューログラフィ学会,(山梨),2014-6-14.
  51. 元原 将策 ,植野 彰規:「非接触型ウェアラブル心電計の開発と安定性の評価」,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2013,(東京),#A-2-06, 2013-11-23.
  52. 「健康アシスト自転車におけるモード切換え閾値決定へのファジィルールの導入」,芝原 大智,宮下 收,和田 成夫,植野 彰規,電子情報通信学会技術研究報告,(新潟),Vol.113,No.223 (NC2013 22-45),pp.23-27,2013-9-24.
  53. 高山 峻佑,植野 彰規:「高速度カメラを用いた衝動性眼球運動の実時間計測」,第22回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),p.84, 2013-3-2.
  54. 長谷川 翔悟,植野 彰規:「新型神経電位計の開発と自律神経活動の非侵襲計測」,第40回自律神経生理研究会,(東京),#20, 2012-12-1.
  55. 松本 秀司,植野 彰規:「ベッド型心電・呼吸計におけるオンライン無呼吸検出」,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2012,(東京),#B-1-03(p.14), 2012-11-17.
  56. 知念 尭平,植野 彰規:「高速度カメラを用いたサッカード眼球運動の実時間非接触計測」,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2012,(東京),#A-1-01(p.5), 2012-11-17.
  57. Y. Aoki, Y. Fukuoka, A. Ueno:「Non-invasive measurement of sympathetic nerve activity with body surface Laplacian electrode array」,生体医工学シンポジウム2012予稿集,(大阪),#3-2-06, 2012-9-8.
  58. M. Ohtsu, Y. Fukuoka, A. Ueno:「Measurement of underwater electromyogram using waterproof insulated electrode」,生体医工学シンポジウム2012予稿集(USB),(大阪),#2-2-08, 2012-9-7.
  59. 山岸 信介,高橋 慎二,松本 秀司,増田 芳弘,植野 彰規:「シート型布電極による呼吸2種類と心電2種類の非接触同時計測」,第11回人間情報学会ポスター発表集,(東京),pp.8-10, 2012-6-29.
  60. 元原 将策, アズラン アズヒム, 植野 彰規:「低周波成分を検出するウェアラブル心電計の検討」,第21回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),p.107, 2012-3-3.
  61. 長谷川 翔悟,青木 勇人,植野 彰規:「新型神経電位計の開発と自律神経活動の非侵襲計測」,第21回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),p.94, 2012-3-3.
  62. 青木 勇人,植野 彰規:「ラプラシアン電極アレイと高入力インピーダンス型電位計による体表面自律神経活動の計測」,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2011,(東京),#C-2-1(p.17), 2011-11-19.
  63. 渡辺 大樹,植野 彰規:「高入力インピーダンスを有する誘発脳波計の開発と評価」,日本生体医工学会関東支部若手研究者発表会2011,(東京),#A-2-4(p.5), 2011-11-19.
  64. 大津 満郎,植野 彰規:「水中筋電計の評価と超音波伝送の検討」,第20回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),p.34, 2011-3-5.
  65. 松本 秀司,植野 彰規:「容量型ベッド組込心電計を用いたネットワーク対応見守りセンサの開発」,第20回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),p.60, 2011-3-5.
  66. 木村 拓哉,植野 彰規:「多チャンネルLaplacian筋電信号に基づくCG制御」,第20回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),p.70, 2011-3-5.
  67. 知念 尭平,植野 彰規:「非接触型眼球運動計測システムの精度・安定性の向上と評価」,第20回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),p.74, 2011-3-5.
  68. 山本 順一,安川 拡孝,植野 彰規,吉田 俊哉,宮下 收:「心拍数に基づく電動アシスト自転車の運転モード制御」,第20回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),p.82, 2011-3-5.
  69. 小和田 大輔,植野 彰規:「アナログ順フィルタとディジタル逆フィルタによる帯域拡張と容量型心電計測への応用」,電気学会研究会資料(医用・生体工学研究会),(東京),Vol.BME-10-152~156,pp.1-6, 2010-10-23.
  70. 吉久 雅識,植野 彰規:「容量型シート・ハンドルセンサによる心電計測における振動の影響」,第25回生体・生理工学シンポジウム論文集,(岡山),pp.81-82, 2010-9-23.
  71. 渡邉 大樹,植野 彰規:「高入力抵抗を有する誘発脳波計の開発と評価」,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2010講演論文集(CD-ROM),(大阪),pp.254-255, 2010-9-19.
  72. 三上 慶久,山 芳寛,植野 彰規:「商用電源ノイズと高調波の振幅平衡化に基づく生体電気計測におけるS/N改善」,生体医工学シンポジウム2010予稿集(CD-ROM),(札幌),#2-1-4, 2010-9-11.
  73. 青木 勇人,植野 彰規:「Measurement of Body-Surface Sympathetic Nerve Activity with Laplacian Electrode Array and High-Input-Impedance Electrometer」,第49回日本生体医工学会大会論文集(CD-ROM),(大阪),Vol.48, Supple.1, #PS2-7-4, 2010-6-26.
  74. 吉久 雅識,植野 彰規:「容量型シート・ハンドルセンサにおける加振の影響評価」,第19回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),p.54, 2010-3-6.
  75. 青木 勇人,植野 彰規:「高入力インピーダンス型電位計による神経活動電位の検出」,第19回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),p.56, 2010-3-6.
  76. 板橋 佑介,植野 彰規:「水中で計測可能な筋電計の開発」,第19回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),p.57, 2010-3-6.
  77. 井岡 直,植野 彰規:「サッカード眼球運動を用いた覚醒度推定の検討」,第19回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),p.62, 2010-3-6.
  78. 渡邉 大樹,植野 彰規:「高入力インピーダンス型誘発電位計の基礎的検討」,第19回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),p.67, 2010-3-6.
  79. 梅津 健志,植野 彰規:「楕円近似に基づく眼球運動画像計測システムにおける精度の向上」,第19回ライフサポート学会フロンティア講演会予稿集,(東京),p.113, 2010-3-6.
  80. 阿部 高志,浅岡 章一,駒田 陽子,松橋 亜矢,野々村 智英,笹井 妙子,碓氷 章,植野 彰規,井上 雄一:「行動的覚醒維持検査中の瞬目指標に及ぼす部分断眠の影響」,臨床神経生理学(第39回日本臨床神経生理学会学術大会予稿集),(北九州),vol.37, no.5, p.375, 2009-11-19.
  81. 野々村 智英, 植野 彰規,井上 雄一:「表情眠気を基準としたサッカード指標における個人内差の検討」,第24回生体・生理工学シンポジウム論文集,(仙台),pp.323-324, 2009-9-26.
  82. 東 大介, 植野彰規:「心電モニタ用ウェアラブル計測・記録システムの開発」,第7回生活支援工学系学会連合大会 講演予稿集,(高知),pp. 208, 2009-9-24.
  83. 鍋田啓介, 植野彰規:「容量型電極を用いた体動検出回路の開発」,第7回生活支援工学系学会連合大会 講演予稿集,(高知),pp. 209-210, 2009-9-24.
  84. 野々村 智英,植野 彰規:「眠気表情を基準としたサッカード指標における個人内差の検討」,第48回日本生体医工学会大会論文集(CD-ROM),(東京), p.641, 2009-4-25.
  85. 高橋 慎二,植野 彰規:「容量型マルチバンド心電計による就寝時無拘束モニタリング」,第48回日本生体医工学会大会論文集(CD-ROM),(東京), p.631, 2009-4-25.
  86. 加藤 綾子,増澤 徹,石井 博徳,植野 彰規:「身体活動度モニタリングスーツによる日常生活活動のエネルギー消費量推定」,第48回日本生体医工学会大会論文集(CD-ROM),(東京), p.514, 2009-4-25.
  87. 今井 達也,植野 彰規:「容量型シートセンサによる運転者の無拘束心電図モニタリング」,第23回生体・生理工学シンポジウム論文集,(名古屋),pp.237-238, 2008-9.
  88. 鄭 曙陽, 植野 彰規,井上 雄一:「眠気の推定を目的とした模擬運転時における生体信号の解析」,第23回生体・生理工学シンポジウム論文集,(名古屋),pp.203-204, 2008-9.
  89. 山 芳寛,植野 彰規:「乳児の狭帯域心電図および呼吸性変動の肌着を介した計測-容量型シートセンサの応用-」,生体医工学シンポジウム2008,(大阪),2008-9.
  90. 鄭 曙陽, 植野 彰規, 内川義則:「数列比較課題中における視覚情報取得量とサッカードおよび瞬きの重回帰分析」,第47回日本生体医工学会大会論文集(CD-ROM),(神戸), pp.398-399, 2008-5.
  91. 三上 慶久,植野 彰規:「簡易モデルを用いた非接触心電図計測の基礎的検討」,第47回日本生体医工学会大会論文集(CD-ROM),(神戸), p.895, 2008-5.
  92. 山 芳寛,植野 彰規,内川 義則:「容量型電極による肌着を介した乳児の心電図および呼吸性変動の同時計測」,第47回日本生体医工学会大会論文集(CD-ROM),(神戸), pp.896-897, 2008-5.
  93. 今井 達也,植野 彰規:「容量型シートセンサによる運転者及び同乗者の心電図モニタリング」,第47回日本生体医工学会大会論文集(CD-ROM),(神戸), pp.898-899, 2008-5.
  94. 今井 達也,植野 彰規:「容量型シートセンサによる運転者用心電図モニタの基礎的検討」,第11回電気学会東京支部埼玉支所研究発表会,(埼玉),p.17-18, 2008-3.
  95. 萩野 達,植野 彰規:「容量結合センサを用いた心電図の就寝時無拘束モニタリング」,人と福祉を支える技術フォーラム2008予稿集,(東京),p.2, 2008-3.
  96. 杉崎 智洋,植野 彰規:「ステレオカメラを用いた低速眼球運動計測システムにおける安定性の向上」,人と福祉を支える技術フォーラム2008予稿集,(東京),p.10, 2008-3.
  97. 植野 彰規,宮澤 健二,野城 真理:「小型無線電極を用いたLaplacian EMG計測に基づく文字入力インタフェース」,SICE システム・情報部門大会2007講演論文集,(東京),p.195-198, 2007-11.
  98. 國分 志郎,植野 彰規,内山 義則:「サッカード解析に基づく覚醒度の実時間推定および音刺激効果の定量的評価」,SICE システム・情報部門大会2007講演論文集,(東京),p.393-396, 2007-11.
  99. 植野 彰規,永安 弘樹,國分 志郎,井上 雄一:「模擬運転時におけるサッカード,脳波,運転パフォーマンスの解析」,日本睡眠学会第32回定期学術集会プログラム・抄録集,(東京),p.181, 2007-11.
  100. 植野 彰規,山 芳寛,石山 陽事:「仰・側臥位で計測可能な容量結合型心電計の基礎的検討」,第5回生活支援工学系学会連合大会(第23回ライフサポート学会,第7回日本生活支援工学大会)講演予稿集,(筑波),pp.180, 2007-10.
  101. 宮城 愛美,宮澤 健二,植野 彰規,西田 昌史,堀内 靖雄,市川 熹,野城 真理:「指点字の強度と時間構造におけるプロソディ情報の分析」,電子情報通信学会技術報告WIT2007-5(福祉情報工学研究会),(沖縄),Vol.107, No.61, pp.25-28, 2007-5.
  102. 植野 彰規,佐々木 勇人,井上 雄一:「眠気の推定を目的とした模擬運転時におけるサッカード眼球運動の解析」,第46回日本生体医工学会大会論文集(CD-ROM),(仙台), #SS2-5, 2007-4.
  103. 山 芳寛,植野 彰規:「布を介して計測が可能なウェアラブル心電図モニタの開発」,人と福祉を支える技術フォーラム2007予稿集,(東京),p.33, 2007-3.
  104. 飯田 俊也,植野 彰規:「布を介して計測が可能な容量型筋電計の開発」,人と福祉を支える技術フォーラム2007予稿集,(東京),p.32, 2007-3.
  105. 松村 浩樹,植野 彰規:「ステレオカメラと画像処理ボードを用いた眼球運動の実時間推定」,人と福祉を支える技術フォーラム2007予稿集,(東京),p.28, 2007-3.
  106. 植野 彰規,山 芳寛,宮澤 健二,野城 真理:「布を介したLaplacian EMGの容量性計測 -ヒューマンインタフェースへの応用を目指して-」,第21回生体・生理工学シンポジウム論文集,(鹿児島),pp.309-310, 2006-11.
  107. 福岡 豊、鈴木隆之、植野彰規:「姿勢制御において視線および聴覚刺激が身体動揺方向に与える影響」,電子情報通信学会技術研究報告MBE2006-62(MEとバイオサイバネティックス研究会),(大阪),Vol.106,No.330,pp.21-24,2006-10.
  108. 佐々木 勇人,松村 浩樹,鄭 曙陽,國分 志郎,田村 瞬,井上 雄一,植野 彰規,内川 義則:「眠け推定を目的とした模擬運転時における眼球運動および顔画像の解析」,第4回生活支援工学系学会連合大会(第22回ライフサポート学会)講演予稿集,(野田),pp.124, 2006-9.
  109. 井上 雄一,植野 彰規,加藤 綾子,福井 康裕:「運転士の眠気の系統的評価」,日本睡眠学会第31回定期学術集会プログラム・抄録集,(大津),p.81, 2006-6.
  110. 加藤 毅,赤羽 恵真,植野 彰規,片岡 幸代,石山 陽事,星野 洋:「容量結合型心電計におけるアーティファクト低減と評価」,生体医工学(第45回日本生体医工学会大会論文集),(福岡),Vol.44, Suppl.1, p.358, 2006-5.
  111. 宮澤 健二,植野 彰規,森 大毅,星野 洋,野城 真理:「Laplacian EMGを用いたPC入力用無線インタフェースの開発と評価」,生体医工学(第45回日本生体医工学会大会論文集),(福岡),Vol.44, Suppl.1, p.535, 2006-5.
  112. 赤羽 恵真,植野 彰規,水田 陽,片岡 幸代,星野 洋,石山 陽事:「容量性結合型心電計の入力インピーダンスおよび接触インピーダンスの推定」,第3回生活支援工学系学会連合大会(第21回ライフサポート学会)講演予稿集,(三重),pp.59, 2005-12.
  113. 宮澤 健二,植野 彰規,内川 義則,星野 洋,野城 真理:「Laplacian EMGを用いたPC入力用無線インタフェースの開発」,第3回生活支援工学系学会連合大会(第21回ライフサポート学会)講演予稿集,(三重),pp.40, 2005-12.
  114. 真鍋 慎介,植野 彰規,内川 義則:「サッカード眼球運動解析に基づく音刺激に対する覚醒応答の可視化」,第20回生体・生理工学シンポジウム論文集,(東京),pp.267-268, 2005-9.
  115. 植野 彰規,内川 義則,野城 真理:「Laplacian EMGを用いた生体信号インタフェースのための基礎的検討」,生体医工学(第44回日本生体医工学会大会論文集),(つくば),Vol.43, Suppl.1, p.204, 2005-4.
  116. 加藤 毅,赤羽 恵真,植野 彰規,星野 洋:「布を介して計測した心電図における基線変動と体動アーチファクトの低減」,生体医工学(第44回日本生体医工学会大会論文集),(つくば),Vol.43, Suppl.1, p.559, 2005-4.
  117. 浅野 佳太,植野 彰規,内川 義則:「DSPを用いた居眠り防止用音刺激フィードバックシステムの開発」,人と福祉を支える技術フォーラム2005,(東京),2005-3.
  118. 鈴木隆之,福岡 豊,植野彰規,堤 剛,星野 洋,石田明允,喜多村健:「姿勢制御において視線および聴覚刺激が身体動揺方向に与える影響」,第19回生体・生理工学シンポジウム論文集,(大阪),pp.63-64, 2004-11.
  119. 植野 彰規,内川 義則:「サッカード眼球運動の計測に基づく覚醒水準の定量評価の試み」,第2回精神医療とME研究会予稿集,(松山),p.1, 2004-11.
  120. 植野 彰規,片岡 幸代,星野 洋,石山 陽事:「布を介した電極からの心電図計測 -絶縁物電極の応用-」,第2回生活支援工学系学会連合大会(第20回ライフサポート学会)講演予稿集,(東京),pp.253-254, 2004-9.
  121. 赤羽 恵真,植野 彰規,水田 陽,片岡 幸代,星野 洋,石山 陽事:「容量性結合に基づく背面導出型心電計の開発」,第2回生活支援工学系学会連合大会(第20回ライフサポート学会)講演予稿集,(東京),pp.219-220, 2004-9.
  122. 赤澤 公久,塩谷 忠久,塚本 壮輔,植野 彰規,星野 洋:「Laplacian心電図からの呼吸変動の検出」,医用電子と生体工学(第43回日本ME学会大会論文集),(金沢),Vol.42, Suppl.1, p.336, 2004-5.
  123. 浅野 峰行,郡司 高久,塚本 壮輔,植野 彰規,星野 洋:「生体情報モニタリング用多チャンネル無線電極システム」,医用電子と生体工学(第43回日本ME学会大会論文集),(金沢),Vol.42, Suppl.1, p.338, 2004-5.
  124. 古沢 洋一,植野 彰規,星野 洋,片岡 幸代,三谷 博子,石山 陽事:「新生児と乳児を対象とした心電図の低侵襲計測」,第18回生体・生理工学シンポジウム論文集,(新潟),pp.411-412, 2003-10.
  125. 鈴木 隆之,福岡 豊,植野 彰規,堤 剛,星野 洋,石田 明允,喜多村 健:「姿勢制御において視線が身体動揺方向に与える影響 」,第18回生体・生理工学シンポジウム論文集,(新潟),pp.107-108, 2003-10.
  126. 坂本 敏史,植野 彰規,内川 義則:「覚醒度推定のためのサッカード眼球運動と視覚機能の解析」,ヒューマンインタフェースシンポジウム2003論文集,(東京),pp.503-506, 2003-10.
  127. 鈴木 寿章,植野 彰規,宮下 收:「上肢のポスチャーおよび関節角度推定に基づく手話動画像の分類」,ヒューマンインタフェースシンポジウム2003論文集,(東京),pp.297-300, 2003-10.
  128. 青木 将訓,植野 彰規,星野 洋:「脳波の相互相関を用いた瞬きの単一試行に対する運動準備信号の検出」,医用電子と生体工学(第42回日本ME学会大会論文集),(札幌),Vol.41, Suppl.1, p.463, 2003-6.
  129. 小松 裕介,植野 彰規,星野 洋:「眼球運動モニタ出力におけるサッカードと瞬きの自動弁別とその実時間化」,生活支援工学系学会連合大会(第19回ライフサポート学会大会)講演予稿集,(愛知),p.54, 2003-5.
  130. 新井 研,植野 彰規,星野 洋:「モンテカルロ法と網膜細胞モデルを用いたマッハ効果のシミュレーション」,電子情報通信学会技術研究報告(MEとバイオサイバネティックス研究会),(東京),Vol.102, No.726, pp.9-12, 2003-3.
  131. 坂本 敏史,植野 彰規,星野 洋:「覚醒水準の定量化を目的としたサッカード眼球運動の特性解析 -視覚情報取得量との関係-」,第17回生体・生理工学シンポジウム論文集,(札幌),pp.73-74, 2002-9.
  132. 木下 豊太郎,谷城 博幸,植野 彰規,大和 雅之,星野 洋,岡野 光夫:「細胞接着分子で神経突起を誘導するマイクロパターン表面の開発」,第18回ライフサポート学会大会講演予稿集,(富山),p.28, 2002-9.
  133. 坂本 敏史,植野 彰規,星野 洋:「覚醒水準の定量化を目的としたサッカード眼球運動の特性解析 -視覚情報取得量との比較-」,第18回ライフサポート学会大会講演予稿集,(富山),p.33, 2002-9.
  134. 渋谷 美貴,植野 彰規,星野 洋:「DCサーボ回路を用いた脳波低周波成分の計測」,医用電子と生体工学(第41回日本ME学会大会論文集),(京都),Vol.40, Suppl., p.408, 2002-5.
  135. 木下 豊太郎,谷城 博幸,植野 彰規,清水 達也,大和 雅之,星野 洋,岡野 光夫:「細胞接着分子で神経突起を誘導するマイクロパターン表面の開発」,医用電子と生体工学(第41回日本ME学会大会論文集),(京都),Vol.40, Suppl., p.498, 2002-5.
  136. 古沢 洋一,植野 彰規,星野 洋,石山 陽事:「睡眠時無呼吸症候群のスクリーニングを目的とした指先容積脈波の研究」,人と福祉を支える技術フォーラム2002,(東京),p.B15, 2002-2.
  137. 稲葉 健一,植野 彰規,谷城 博幸,星野 洋:「食道音声の母音と子音の分離の基礎的研究」,人と福祉を支える技術フォーラム2002,(東京),p.B14, 2002-2.
  138. 塩谷 忠久,谷城 博幸,植野 彰規,星野 洋,石山 陽事:「血中炭酸ガス濃度測定装置の基礎研究」,人と福祉を支える技術フォーラム2002,(東京),p.A6, 2002-2.
  139. 木下 豊太郎,谷城 博幸,植野 彰規,清水 達也,大和 雅之,星野 洋,岡野 光夫:「神経回路の構築に関する基礎的研究」,第17回ライフサポート学会大会講演予稿集,(東京),p.60, 2001-8.
  140. 赤羽 雄一,植野 彰規,星野 洋:「ヒト機能を模擬した逆運動学解法システムの開発」,第17回ライフサポート学会大会講演予稿集,(東京),p.42, 2001-8.
  141. 古田 智久,木下 豊太郎,植野 彰規,清水 達也,大和 雅之,星野 洋,岡野 光夫:「レーザアブレーション加工を用いた神経突起伸長のための培養皿開発」,医用電子と生体工学(第40回日本ME学会大会論文集),(名古屋),Vol.39, Suppl., p.372, 2001-5.
  142. 久保田 勇樹,植野 彰規,星野 洋:「手話画像における単語認識のための肌色抽出」,人と福祉を支える技術フォーラム2001,(神田),p.111-112, 2001-2.
  143. 増井 貴敏,曽根 陽平,植野 彰規,谷城 博幸,星野 洋:「心電計を用いた睡眠時無呼吸診断システムの開発」,人と福祉を支える技術フォーラム2001,(神田),p.105-106, 2001-2.
  144. 岡崎 文洋,植野 彰規,星野 洋:「交感神経皮膚反応を利用した自律神経活動の評価」,人と福祉を支える技術フォーラム2001,(神田),p.81-82, 2001-2.
  145. 吉岡 進一郎,植野 彰規,星野 洋:「歩行補助機の開発を目的としたモータの前向き制御に関する研究」,人と福祉を支える技術フォーラム2001,(神田),p.69-70, 2001-2.
  146. 荻野 雅幸,植野 彰規,星野 洋:「ステレオ画像による眼球運動の非接触計測に関する研究」,人と福祉を支える技術フォーラム2001,(神田),p.41-42, 2001-2.
  147. 植野 彰規,橋本 尚,南谷 晴之:「垂直方向サッカードにおける覚醒水準依存性」,2000年電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ大会講演論文集,(名古屋),p.97, 2000-10.
  148. 増井 貴敏,植野 彰規,星野 洋:「心電図を用いた睡眠時無呼吸診断システムの開発」,第16回ライフサポート学会徳島大会講演予稿集,(徳島),p.112, 2000-8.
  149. 浅石 忠弘,植野 彰規,三谷 博子,石山 陽事,星野 洋:「Laplacian 電極配列を用いた無拘束型心電図モニタの開発に関する検討」,第16回ライフサポート学会徳島大会講演予稿集,(徳島),p.111, 2000-8.
  150. 井上 健太郎,植野 彰規,星野 洋:「食道音声の音質改善」,第16回ライフサポート学会徳島大会講演予稿集,(徳島),p.89, 2000-8.
  151. 浅石 忠弘,平田 恭敏,星野 洋,植野 彰規,石山 陽事,三谷 博子:「Laplacian 電極配列による無拘束型心電図モニタ用電極パットの基礎的研究」,医用電子と生体工学(第39回日本ME学会大会論文集),(東京),Vol.38, Suppl., p.496, 2000-5.
  152. 立山 剛,植野 彰規,南谷 晴之:「眼球運動の連続計測による覚醒水準の評価の試み」,医用電子と生体工学(第39回日本ME学会大会論文集),(東京),Vol.38, Suppl., p.221, 2000-5.
  153. 井上 健太郎,横関 力憲,植野 彰規,星野 洋:「食道音声の音質改善」,電子情報通信学会総合大会講演論文集,(広島),情報システム1,p.179, 2000-3.
  154. 赤羽 雄一,植野 彰規,星野 洋:「ヒト機能を模擬した逆運動学解法システムの開発」,人と福祉を支える技術フォーラム2000,(千葉),p.77-78, 2000-2.
  155. 岡崎 文洋,植野 彰規,星野 洋:「交感神経皮膚反応を利用した自律神経活動の評価」,人と福祉を支える技術フォーラム2000,(千葉),p.75-76, 2000-2.
  156. 横関 力憲,井上 健太郎,植野 彰規,星野 洋,中村 尚五,今泉 敏,廣瀬 肇:「食道発声補助装置の開発」,人と福祉を支える技術フォーラム2000,(千葉),p.47-48, 2000-2.
  157. 今 匡史,植野 彰規,星野 洋:「音声の周期波形合成処理」,人と福祉を支える技術フォーラム2000,(千葉),p.45-46, 2000-2.
  158. 増井 貴敏,植野 彰規,星野 洋:「心電図を用いた睡眠時無呼吸診断システムの開発」,人と福祉を支える技術フォーラム2000,(千葉),p.27-28, 2000-2.
  159. 石川 則夫,保坂 栄弘,植野 彰規,飯島 淳彦,南谷 晴之:「めまい検査システムの開発-頭位/頭位変換眼振専用撮影装置-」,医用電子と生体工学(第38回日本ME学会大会論文集),(仙台),Vol.37, Suppl., p.315, 1999-4.
  160. 飯島 淳彦,植野 彰規,西村 実,南谷 晴之:「高速度ビデオカメラによる眼振急速相の画像解析」,医用電子と生体工学(第38回日本ME学会大会論文集),(仙台),Vol.37, Suppl., p.395, 1999-4.
  161. 立山 剛,植野 彰規,高瀬 守一朗,南谷 晴之:「サッケード動特性の変化と覚醒水準の関係-モデルシミュレーションによる検討-」,電子情報通信学会技術研究報告,Vol.MBE-98-151, pp.77-83, 1999-3.
  162. 西村 実,田村 友洋,植野 彰規,南谷 晴之,石川 則夫,中市 克己,保坂 栄弘:「画像相関法を用いた眼振3成分解析法」,医用電子と生体工学(第37回日本ME学会大会論文集),(倉敷),Vol.36, Suppl., p.477, 1998-5.
  163. 植野 彰規,立山 剛,高瀬 守一朗,南谷 晴之:「サッケード眼球運動特性における覚醒水準依存性-脳波計測とモデルシミュレーションにもとづく解析と検討-」,医用電子と生体工学(第11回日本ME学会秋季大会論文集),(横浜),Vol.35, Suppl.2, p.143, 1997-11.
  164. 立山 剛,植野 彰規,高瀬 守一朗,南谷 晴之:「覚醒状態の変化にともなうサッケード速度波形の変化-モデルシミュレーションに基づく検討-」,第12回生体・生理工学シンポジウム論文集,(東京),pp.177-180, 1997-9.
  165. 太田 善久,西村 実,植野 彰規,南谷 晴之,石川 則夫,中市 克己,保坂 栄弘:「瞳孔面積測定精度の検討-黒目を指標とした位置補正システム-」,医用電子と生体工学(第36回日本ME学会大会論文集),(松本),Vol.35, Suppl., p.257, 1997-3.
  166. 植野 彰規,太田 善久,高瀬 守一朗,南谷 晴之:「覚醒水準およびサッケード特性の日内変動」,第10回生体・生理工学シンポジウム論文集,(札幌),pp.181-184, 1995-11.
  167. 植野 彰規,太田 善久,高瀬 守一朗,南谷 晴之:「衝動性眼球運動と脳波計測にもとづく覚醒水準評価」,第34回計測自動制御学会学術講演会予稿集,(札幌),pp.773-774, 1995-7.
  168. 太田 善久,植野 彰規,高瀬 守一朗,南谷 晴之:「サッケードを伴う認知課題における事象関連電位P300の解析」,電子情報通信学会総合大会講演論文集,(福岡),p.189, 1995-3.
  169. 植野 彰規,太田 善久,高瀬 守一朗,南谷 晴之:「覚醒水準変化が意識的サッケードの特性に及ぼす影響」,第9回生体・生理工学シンポジウム論文集,(筑波),pp.15-18, 1994-11.
  170. 笠原 俊和, 植野 彰規,高瀬 守一朗, 南谷 晴之:「視標動作に対する注意力がサッケード特性に及ぼす影響」,第8回生体・生理工学シンポジウム論文集,(仙台),pp.23-26, 1993-11.

報告書

  1. 「着衣の上からも使用可能な携帯型イベント心電図レコーダーの開発研究」,植野 彰規,福田記念医療技術振興財団情報,vol. 26, pp.45-51, 2013-12.
  2. 「心血流動態インタフェースのための生体情報センシングと解析」,植野 彰規,アズラン アズヒム,福井 康裕,生命科学とメカトロニクスの融合技術創成(平成20年度~平成24年度 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 研究成果報告書),pp.71-74, 2013-5-15.
  3. 植野 彰規,アズラン アズヒム:「心血流動態インタフェースのための生体情報センシングと解析」,東京電機大学フロンティア共同研究センター 2011年度研究成果報告書,pp.7-10, 2012-7-15.
  4. 植野 彰規,渡邉 大樹,木村 拓哉,栗城 眞也:「感覚情報刺激誘発反応に基づく神経生理学的研究のためのGΩインピーダンス型Full-Band脳波計」,東京電機大学先端工学研究所/ハイテク・リサーチ・センター 研究成果報告書2011,pp.45-50, 2012-7.
  5. 安達 雅春,植野 彰規,須貝 雅子,渡邉 大樹,堀尾 喜彦:「ブレイン・コンピュータ・インターフェースを目指した多モード脳活動計測に関する基礎研究」,東京電機大学総合研究所 総合研究所年報,No.31, pp.115-120, 2012-7.
  6. 植野 彰規,アズラン アズヒム:「心血流動態インタフェースのための生体情報センシングと解析」,東京電機大学フロンティア共同研究センター 2010年度研究成果報告書,pp.17-20, 2011-7-15.
  7. 植野 彰規,東 大介,吉田 俊哉,宮下 收:「容量型ウェアラブル心拍計の開発と電動自転車アシストモード自動切替への応用」,東京電機大学総合研究所 総合研究所年報,No.30, pp.73-82, 2010-7.
  8. 内川 義則,植野 彰規,田中 慶太:「生体融合システムに向けたインターフェイス技術の開発に関する研究」,東京電機大学フロンティア共同研究センター 2009年度研究成果報告書,pp.9-12, 2010.
  9. 植野 彰規:「高入力インピーダンス型神経活動電位計の基礎的検討」,東京電機大学フロンティア共同研究センター 2008年度研究成果報告書,pp.25-28, 2009.
  10. 植野 彰規:「容量性結合に基づく背面導出型心電計の開発とNICUへの応用」,平成19年度 産業技術研究助成事業 研究成果報告書(最終),pp.1-36, 2008-6.
  11. 植野 彰規:「着衣のまま計測可能なウェアラブル心電計の性能向上と応用評価」,東京電機大学フロンティア共同研究センター 2007年度研究成果報告書,pp.93-94, 2008-3-31.
  12. 野城 真理,植野 彰規,宮澤 健二:「小型無線能動電極による無拘束生体信号利用インタフェースの開発」,障害者・高齢者のコミュニケーション機能に関する基礎的研究(情報福祉の基礎),平成16年度~平成18年度科学研究費補助金(特定領域研究)研究成果報告書,pp.135-142, 2007-9.
  13. A. Ueno, T. Iida, M. Noshiro, Y. Uchikawa: "Capacitive sensing of surface electromyogram through cloth", Proceedings of The 4th COE Workshop on Human Adaptive Mechatronics, pp.113-118, 2007-3.
  14. 野城 真理,植野 彰規,宮澤 健二:「小型無線能動電極による無拘束生体信号利用インターフェイスの開発」,文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 障害者・高齢者のコミュニケーション機能に関する基礎的研究,2006年度研究成果報告書,pp.139-146, 2007-2.
  15. 植野 彰規:「着衣の上から計測が可能なウェアラブル心電計の研究」,東京電機大学フロンティア共同研究センター 2006年度研究成果報告書,pp.71-72, 2007.
  16. 野城 真理,宮澤 健二,植野 彰規:「Laplacian EMG用小型無線電極の開発と文字入力への応用」,文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 障害者・高齢者のコミュニケーション機能に関する基礎的研究,2005年度研究成果報告書1,pp.93-98, 2006-3.
  17. 植野 彰規:「着衣の上から計測が可能なウェアラブル心電計の研究」,東京電機大学フロンティア共同研究センター 2005年度研究成果報告書,pp.89-90, 2006.
  18. A. Ueno, Y. Uchikawa: "A real-time sound feedback system with DSP for maintaining alertness level and analysis of arousal reaction induced by the sound", Proceedings of The 3rd COE Workshop on Human Adaptive Mechatronics, pp.213-218, 2006-3.
  19. 野城 真理,宮澤 健二,植野 彰規:「Laplacian EMG用小型無線電極の開発と文字入力への応用」,文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 障害者・高齢者のコミュニケーション機能に関する基礎的研究,2005年度第1回成果報告会資料,pp.29-34, 2005-10.
  20. A. Ueno, Y. Uchikawa: "An approach to quantification of human alertness using dynamic characteristics of saccadic eye movement", Proceedings of The 2nd COE Workshop on Human Adaptive Mechatronics, pp.563-568, 2005-3.
  21. 野城 真理,植野 彰規:「小型無線能動電極による無拘束生体信号利用インタフェースの開発-Laplacian EMG計測に関する基礎的検討-」,文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 障害者・高齢者のコミュニケーション機能に関する基礎的研究,第1回成果報告会資料,pp.67-72, 2005-3.
  22. 植野 彰規,星野 洋,石山 陽事:「新生児および乳児における心電図の低侵襲計測に関する研究」,東京電機大学フロンティア共同研究センター 2004年度研究成果報告書,pp.25-26, 2005.
  23. 植野 彰規,星野 洋,石山 陽事:「新生児および乳児における心電図の低侵襲計測に関する研究」,東京電機大学フロンティア共同研究センター 2003年度研究成果報告書,pp.1-4, 2004.
  24. 植野 彰規,浅石 忠弘,石山 陽事:「ファンクショナル能動電極を用いた心電図計測に基づく呼吸・心拍モニタリングに関する研究」,東京電機大学総合研究所年報,No.22, pp.85-92, 2002年度.
  25. 植野 彰規,星野 洋:「サッケード眼球運動計測にもとづく覚醒水準評価・維持に関する研究」,東京電機大学フロンティア共同研究センター 2002年度研究成果報告書,pp.26-27, 2003.
  26. 植野 彰規,星野 洋:「サッケード眼球運動計測にもとづく覚醒水準評価・維持に関する研究」,東京電機大学フロンティア共同研究センター 2001年度研究成果報告書,pp.39-40, 2002.
  27. 植野 彰規,星野 洋:「サッケード眼球運動計測にもとづく覚醒水準評価・維持に関する研究」,東京電機大学フロンティア共同研究センター 2000年度研究成果報告書,pp.35-36, 2001.

記事・報道 (Articles & News Reports)

  1. Fuji Sankei Business i : 「衣服を着たまま心電図や呼吸数が測定できる新しい技術 <東京電機大>」,2013年3月21日
  2. 日経産業新聞 : 「呼吸と心電図 睡眠中、機器装着せず計測 - 布団に電極設置 - 東京電機大」,2012年2月20日
  3. BS JAPAN 世の中進歩堂 : #127「センシング技術に注目!」,2011年3月25日
  4. テレビ東京 ワールドビジネスサテライト トレンドたまご:「寝るだけで測れる心電計」,2008年7月18日
  5. 日経産業新聞 : 「 心電図 寝るだけで - センサー装着不要に - 東京電機大」,2008年7月8日
  6. 公衆衛生情報 ひゅーまんさーびすのカタチ : 「まか不思議!?寝るだけ心電計」,Vol.38,No.7,pp.40-41,2008年7月

展示会 (Exhibitions)

  1. 「シート型センサ・生体情報測定システム」,イノベーション・ジャパン2018,東京ビッグサイト,8月30-31日,2018.
  2. 「布シート電極による心電・呼吸の無拘束In-Bedモニタリング」,ライフサイエンスワールド2016,ビックサイト,5月11-13日,2016.
  3. 「容量型センシング技術による非接触心電・筋電計測」,テクニカルショーヨコハマ2012,みなとみらい,2月1-3日,2012.
  4. 「容量型センシング技術による非接触心電・筋電計測」,彩の国ビジネスアリーナ2012,埼玉スーパーアリーナ,1月25-26日,2012.
  5. 「衣類の上から心電図を測る要素技術の開発」,イノベーション・ジャパン2008,東京国際フォーラム,9月16-18日,2008.
  6. 「容量性結合に基づく背面導出型心電計」,BioJapan 2006,大阪国際会議場,9月13日-15日,2006.